ヤフーなど有名企業も導入!「サバティカル休暇」のメリットとは?

福利厚生

生産性の高い企業が導入しているクラウド受付システムで「働き方改革」を

残業や社内でのストレス過多を軽減することで、働きやすい職場にしませんか?RECEPTIONISTを導入した企業では、以下のような効果がでました。

・1日50件の来客取次作業が「0件」になった
・総務業務が87.5%カットされて別業務を強化できた
・社員が気持ちよく働ける環境になった

初期費用無料・31日間の無料トライアルとコスト面でもサポートできるだけでなく、社員浸透も驚くほど簡単です。

RECEPTIONISTの資料を無料で受取る

 

サバティカル休暇とは、使途に制限なく、通常1ヶ月以上取得できる長期休暇制度のことをいいます。

働き方改革関連法案が施行され、日本全体で「働き方」の見直しが進む中、経済産業省も導入を推奨している注目の福利厚生です。

日本においてはヤフーやリクルートなどの有名企業でも既に導入されており、働き方改革の意識が高まる中で、今後も導入企業は増加していくと予想されます。

今回はそんな「サバティカル休暇」の導入メリットやポイントなどを紹介していきます。

 

サバティカル休暇とは?

サバティカル休暇が生まれた背景と概要を紹介していきます。

サバティカル休暇の成り立ちの背景

サバティカル休暇とは、元々はヨーロッパ発祥の制度で、その成り立ちは1990年代まで遡ります。

当時、ヨーロッパでは「ワークライフバランス」の価値観が生まれ、優秀な人材がプライベートを重視して大量に退職をするという問題が発生していました。

その退職防止策の一環としてヨーロッパの各企業は、使途を制限せずに長期休暇を取得できる制度を導入して人材流出の防止に務めました。

これがサバティカル休暇の始まりであり、現在もヨーロッパ企業の多くがサバティカル休暇制度を導入しています。

サバティカル休暇の内容と現状

サバティカル休暇制度の細かい規定は企業によって異なりますが、基本的には長期間勤務者に対して付与される使途に制限のない長期休暇制度です。

使途に制限がないため、通常の年次休暇や有給休暇と異なり、理由を問わずして1ヶ月以上休暇を取得ができるのが特徴です。

サバティカル休暇期間は無給となるケースが多いですが、ヤフーでは「休暇支援金」として基準給与の1ヶ月分を支給したり、余っている有給休暇を組み合わせることも可能です。

このような期間を利用して、プライベートを充実させるだけではなく、大学院やビジネススクールに進学をしてスキルアップを図るという選択肢を選ぶこともできます。

サバティカル休暇の導入メリット

従業員にとって非常に魅力的なサバティカル休暇制度の、企業側のメリットについて紹介していきます。

社員の離職防止

育児・介護などで長期離脱を余儀なくされる場合でも、サバティカル休暇制度を利用すれば、会社に在籍しながら育児や介護に取り組むことができるようになり、家庭の事情などによるやむ終えない離職を防ぐことができます。

また、サバティカル休暇制度の利用対象となるのは3年〜10年以上など一定期間以上在籍した社員が対象となる場合が多く、社員が長期間在籍する一つのメリットを与えることができるため、短期離職を予防する効果も期待できます。

従業員のスキルアップ

サバティカル休暇制度を利用すれば海外留学や大学院進学などにもチャレンジしやすくなります。

長期休暇を利用して従業員が新しいスキルや知見を身につけ、復帰後にスキルを活かして貢献してくれることで社内への還元効果が期待できます。

ただ、高度なスキルを身に着けたことで視野が広まり、人材としての市場価値も高まることで他社へ転職してしまうという危険性も高まります。そのため、復帰後のポジション保証やサポートなどを充実させて離職を防ぐことが重要です。

企業のイメージアップにつながる

休暇制度など、福利厚生の充実は求職者にとって魅力的なポイントとなります。広報と連携して積極的にPRを展開することで、企業イメージのアップ、求職者数の増加などの効果が期待できます。

サバティカル休暇の導入ポイント

企業にとっても従業員にとってもメリットの大きいサバティカル休暇制度ですが、ただ導入するだけでは利用されずに形骸化してしまいます。

制度を有効活用させて、そのメリットを享受するためのポイントを紹介していきます。

休暇を取りやすい環境づくり

勤勉で真面目な日本人は、休暇を取得するのに引け目を感じる人が多くいます。そういった心理も考慮をしつつ、休暇を取りやすい空気感を作っていく必要があります。

社内広報で制度の周知・利用をアナウンスし、また、休暇を取得した社員の事例などを社内ブログなどで公表するという手段が考えられます。

こういった告知は、より具体的な利用イメージを持たせることができ、対外的なPRにもつなげることができます。

また、会社のトップが率先して制度を利用することは会社全体の利用促進につながります。

上司に遠慮して取得できないという社員は多く、社長や役員クラスのメンバーが率先して活用し、利用を促していくことで、会社全体の利用率を高める効果が期待できます。

職場復帰へのサポート

職場復帰の問題はサバティカル休暇取得にあたって大きな問題です。

例えば、離職前と同じ部署やポジションに自分の居場所があるかどうかや、長期離職で仕事感覚が鈍っている中で以前のように仕事ができるかなど、

復帰にあたって従業員には多くの不安がつきまといます。

そういった不安を払拭をするためにも、復帰後のポジションの保証や、業務量をいきなり離職前に戻すのではなく段階的に以前と同等の業務量に戻していくなど、従業員がスムーズに復帰できるようなサポートの有無が重要になります。

サバティカル休暇を導入している日本企業

ヤフー

週休3日制度やボランティア活動のための「課題解決休暇」など、充実した休暇制度で有名なヤフーもサバティカル休暇制度を導入しています。

ヤフーのサバティカル休暇制度は、勤続10年以上の正社員を対象として、2〜3ヶ月の長期休暇を与えるものとしています。

特徴的なのは、「休暇支援金」として基本給与の1ヶ月分を支給をしたり、サバティカル休暇に有給休暇を組み合わせることも可能であり、休暇中でも一定程度の収入を確保することができる点が特徴です。
出典:https://about.yahoo.co.jp/hr/workplace/vacation.html

リクルート・テクノロジーズ

リクルートテクノロジーズ社は「STEP休暇」と称して、勤続3年以上の社員を対象に、最大連続28日間取得できる長期休暇制度を設けています。

3年ごとに取得をすることができ、また、応援する手当として一律30万円が支給されるというのも従業員にとっては嬉しいポイントといえます。

出典:https://recruit-tech.co.jp/recruitment/vacation.html

ソニー

日本を代表する電機メーカーのソニーでは、「フレキシブルキャリア休職制度」という名前でサバティカル休暇制度が導入されています。

キャリアの継続を図る休職 (最長5年) や、自身の専門性を深化・拡大させるための私費就学のための休職 (最長2年) などを取得することができます。

出典:https://www.sony.co.jp/SonyInfo/Jobs/main/info/index.html

 

まとめ

サバティカル休暇制度は、従業員の離職防止や対外的なスキルアップなどメリットも大きいです。

また福利厚生の充実は、勤労意欲の向上や採用時のPR効果も期待することができます。

休暇制度の充実を検討している企業は、サバティカル休暇の導入を検討してはみてはいかがでしょうか?

受付の効率化で、働き方改革
クラウド受付システム「RECEPTIONIST」

内線電話を使わずに、ビジネスチャットや専用スマホアプリで直接担当者に通知するため、来客の取次が「0」に。「調整アポ」機能を使えば面倒なアポイント日程調整も自動化できます。リリース約2年で導入社数2,000社突破!無料トライアル実施中です!

無料で資料を見る