バーチャルなタバコミュニケーション!?社内ゴシップを楽しもうw

チームビルディング

生産性の高い企業が導入しているクラウド受付システムで「働き方改革」を

残業や社内でのストレス過多を軽減することで、働きやすい職場にしませんか?RECEPTIONISTを導入した企業では、以下のような効果がでました。

・1日50件の来客取次作業が「0件」になった
・総務業務が87.5%カットされて別業務を強化できた
・社員が気持ちよく働ける環境になった

初期費用無料・31日間の無料トライアルとコスト面でもサポートできるだけでなく、社員浸透も驚くほど簡単です。

RECEPTIONISTの資料を無料で受取る

喫煙者同士で行われているタバコミュニケーションをご存知ですか?

非喫煙者の中にも、喫煙所で何が話されているか気になっている方は多いようです。

そこで今回は、喫煙所で話されている内容や喫煙所で会話するメリット・デメリットなど、タバコミュニケーションについて説明していきます。

タバコミュニケーションとは?

喫煙所で行われている喫煙者同士のコミュニケーション

タバコミュニケーションとは、その名の通り喫煙者同士のコミュニケーションのことです。その中でも主に喫煙所でのコミュニケーションのことを指します。

喫煙所ではみんな休憩しているので、仕事中よりもリラックスして話ができます。

タバコを吸うのと同じくらい、みんなと話をすることを楽しみに喫煙所へ足を運んでいる人も多いです。

タバコミュニケーションのメリット

タバコミュニケーションには、ストレス発散につながるというメリットがあります。好きなタバコを吸いながら、喫煙所の人達と話すことは仕事の息抜きにもなります。

仕事で溜まったストレスを吐き出してスッキリしたり、冗談を言ってたくさん笑えば、喫煙所から戻った後も「よし、頑張ろう!」と思えるようになります。

ストレス発散以外にも、社内のいろいろな人達と仲良くなれるというメリットもあります。

喫煙所で顔見知りになり、挨拶から話しをするようになれば、毎日のように顔を合わせるので自然と仲良くなれます。

さらに、会社で仲の良い人が増えると、会社での居心地が良くなります。これもタバコミュニケーションのメリットと言えます。

タバコミュニケーションのデメリット

タバコミュニケーションには、メリットだけではなくデメリットもあります。ひとつはタバコが及ぼす体への悪影響です。

タバコには多くの有害物質、化学物質、発がん性物質などが含まれています。またいわゆるタバコ臭がつくのもデメリットと言えます。

最近は、ニオイが少なく有害物質が少ないとされる電子タバコを吸う人も多くなってきています。

しかし、喫煙所では多くの人がタバコを吸うので受動喫煙や服にニオイが付くことは避けられません。

それ以外のデメリットとして、非喫煙者に嫌な目で見られることが挙げられます。

喫煙者は喫煙所でサボっているだけなどと思われることも少なくないので、喫煙所でタバコを吸った後に仕事場に戻ると、肩身の狭い思いをすることも。

喫煙所で語られている内容とは?

タバコミュニケーションで最も多いのが社内のゴシップ

喫煙所で語られるタバコミュニケーションの内容で、最も多いのが社内ゴシップです。社内ゴシップとは、単なる会社の噂話で、例えば、社内恋愛、誰かが仕事でミスした話、会社の人の愚痴などが挙げられます。

仕事の愚痴などネガティブな話

タバコミュニケーションでは、仕事や会社の人に対する愚痴などネガティブな話も頻繁に繰り広げられています。

ネガティブな話が嫌いな方もいるかもしれませんが、タバコ休憩中に愚痴を吐き出し、みんなと共有することで、気持ちがスッキリする人も多いです。

そのため、喫煙所ではネガティブな話もよく話題に上がります。

たわいもない笑い話や冗談

喫煙所でみんなが和気あいあいと談笑している光景を見たことがある方も多いのではないでしょうか?笑い話や冗談は、社内ゴシップや愚痴などとは違い、大きな声でもリラックスして話せます。

まだあまり仲良くなっていない人同士でのタバコミュニケーションでは、当たり障りのない冗談などがよく話されています。

タバコミュニケーションがきっかけで会社の居心地が良くなる?

上司や取引先の人などとも気軽に話せるタバコミュニケーション

タバコミュニケーションは、上司や取引先の人などと気軽に話せる環境であるため、仕事に繋がるチャンスになることも。

喫煙所では、仕事の情報交換が行われることも多いので、タバコを吸っている人の方が社内の情報に詳しかったりします。

しかし、ほとんどの人は休憩しに来ているため、仕事の話はしたがらない場合も。無理に仕事の話へつなげようとすると、嫌がられてしまう恐れがあるので気を付けましょう。

ビジネスチャットの各グループでも行われるタバコミュニケーション

社内のビジネスチャットの各グループでも、タバコミュニケーションと同じようなことが行われていることがあります。

喫煙所へ行かなくてもタバコミュニケーションと同様のことが行われているので、非喫煙者でも参加することができます。そこで他部署の役職者と仲良くなることで、タバコミュニケーションと同様に会社での居心地が良くなります。

ビジネスチャットでみんなと社内ゴシップで盛り上がったり、愚痴を言い合うことでストレス発散にもつながります。ビジネスチャットで溜まったストレスを吐き出し、社内の多くの人達と仲良くなって、居心地の良い職場を作ってはいかがでしょうか?

社内ゴシップを手に入れると社内での立ち回りがうまくなる!

社内ゴシップなど会社のいろいろな情報を手に入れることで、みんなの会話に乗り遅れてしまうことがなくなります。また、社内ゴシップがきっかけで多くの人と仲良くなることで、社内での立ち回りがうまくなります。

まとめ

喫煙者は年々減少傾向にあるため、肩身が狭いと感じている方も多いです。

しかし、喫煙所へ行くことでタバコミュニケーションに参加でき、会社での居心地が良くなったりやストレス発散に繋がることもあるなど、無駄なことばかりではありません。

また、非喫煙者でもタバコミュニケーションに似たビジネスチャットのグループに参加することで、社内ゴシップを手に入れて社内でうまく立ち回れるようになります。

受付の効率化で、働き方改革
クラウド受付システム「RECEPTIONIST」

内線電話を使わずに、ビジネスチャットや専用スマホアプリで直接担当者に通知するため、来客の取次が「0」に。「調整アポ」機能を使えば面倒なアポイント日程調整も自動化できます。リリース約2年で導入社数2,000社突破!無料トライアル実施中です!

無料で資料を見る