トレロをカスタマイズしてもっと便利に!おすすめ拡張機能8選

ITツール活用

生産性の高い企業が導入しているクラウド受付システムで「働き方改革」を

残業や社内でのストレス過多を軽減することで、働きやすい職場にしませんか?RECEPTIONISTを導入した企業では、以下のような効果がでました。

・1日50件の来客取次作業が「0件」になった
・総務業務が87.5%カットされて別業務を強化できた
・社員が気持ちよく働ける環境になった

初期費用無料・31日間の無料トライアルとコスト面でもサポートできるだけでなく、社員浸透も驚くほど簡単です。

RECEPTIONISTの資料を無料で受取る

トレロはそのままでも十分便利なのですが、拡張アプリを追加するとさらに使いやすくなります。
 

ここでは目的に応じ使いやすいトレロの拡張プラグインをピックアップしてご紹介。
 

たくさんの文書管理に悩まされている方や、もっと抜け漏れなくタスクを処理したいと考えている方はぜひ参考にしてください。
 

トレロをカスタマイズしてみよう

トレロボードの背景を自分好みにするなど基本機能の設定変更でも十分やる気アップにはつながります。
 

ただ、プラグインで機能を拡張するとトレロがツールとしてさらに便利になります。
 

ここでは拡張機能の入手や設定のポイントについて紹介します。
 

拡張機能の検索・設定方法

Google Chromeを例に紹介します。トレロのアプリを追加したい場合は、Chromeウェブストアにアクセス。
 

検索窓にアプリの名称や「トレロ」、「Trello」などと入力すると関連する拡張機能が表示されます。
 

一覧的に表示させたい場合には「その他の拡張機能」ボタンを押してください。
 

追加したいアプリが見つかった場合は、青くハイライトされている「Chromeに追加」ボタンを押すだけでOK。
 

なお、アプリの詳細画面をクリックすると使用しているユーザー数も表示されるので、導入する際の目安にできます。
 

数万人が利用しているプラグインも珍しくありません。
 

拡張機能同士には相性がある

あれもこれも便利そうだ、と拡張機能をどんどん導入するのは避けましょう。
 

例えば色表示や強調表示機能を盛り込みすぎると、結局何が大事なのか分かりにくくなってしまいます。
 

それだけでなく、それぞれの機能同士が干渉してうまく動作しないことや、トレロ自体が重くなってしまう場合も。
 

機能拡張する場合はひとつずつ、トレロを思ったとおりに使えるか確かめながら進めましょう。
 

まずは見やすく!トレロのおすすめ拡張機能4選

ここでは初めてトレロの機能拡張をする人にオススメな機能を4つ、ピックアップして紹介します。
 

リストのレイアウトを切り替える

List Layouts for Trelloはリストを2列や縦1列などに並び替える機能です。
 

トレロはカードを追加すると横に増えていきます。
 

並べ替えなどに不慣れな場合、カードが右側に入ってしまい見えづらくなることも。
 

そんな時このアイコンをクリックすると、カードの文字を折り返して表示の切り替えが可能となります。
 

期限ごとにカードをまとめて表示する

Next Up Trelloは新しいタブに、期限別でカードをまとめて表示する機能です。
 

たくさんのプロジェクトやタスクを抱えている時に、いつまでに何をやるべきかさっと確認したい人におすすめのプラグインです。
 

リストに含まれるカードの数を表示する

Original Card Counter for Trelloは、トレロに含まれるすべてのカードの数を表示する機能です。
 

カードの数の上限指定も可能です。
 

手順が複雑になっていないか、タスクが多すぎないかなどが確認できます。
 

ヘルプの内容を翻訳する

トレロ専用の拡張機能ではありませんが、翻訳ツールもあると便利です。
 

ヘルプは英語なので、使い方が知りたいけれどこのままでは心もとないという場合におすすめ。
 

Google翻訳の機能を使えば、必要なページを日本語化してくれます。
 

用途別トレロのおすすめ拡張機能4選

続いて機能特化させたプラグインを4つ、ピックアップしてご紹介します。
 

全ての人に役立つというわけではありませんが、やりたいことと合致している場合にはとても便利な機能です。 
 

タスクをExcelなどでも管理している場合に

Export for Trelloはボードの内容をCSVに出力する機能です。
 

トレロとは別にエクセルなどでドキュメントを作成したい場合に、個別にカードの内容を書き写す手間を減らせます。
 

普段Gmailを使っているなら

Gmail-to-Trelloは、Gmailの内容をトレロのカードにコピーしてくれる機能です。
 

メールで受け取った内容をタスク化する場合、通常はメッセージをコピーしてトレロのカードに貼り付けなければなりません。
 

しかしこのプラグインを入れておけば、カード作成までがワンタッチで完了します。
 

必要となる工数を共有したい場合に

Scrum for Trelloはカードを作成する際にタスクの工数を入力できるプラグインです。
 

それぞれのカードで工数の見積もりを入力しておくと、リスト全体に含まれる内容にどのくらい時間が必要なのかが見える化できます。
 

自分のリソースを超えた仕事を抱えていないかのチェックや、プロジェクトメンバーの負荷的な課題のあるなしについて情報を共有したい時に便利です。
 

工数の見積もりや実績管理をしたい場合に

Plus for Trelloは見積もりを表示するだけではなく、実績の管理もできるプラグインです。
 

それぞれのカードに作業実績が入力できるようになるため、1日単位、曜日単位などで業務実績がグラフ化できます。
 

また、期間ごとに業務実績としてレポート化し、負荷を超えた働き方になっていないか情報共有をしたい場合にもおすすめです。
 

まとめ

トレロには様々な拡張機能があります。
 

メモとして使うのであれば見やすくするための機能や期限を管理してくれる拡張機能を追加するのがおすすめです。
 

普段どんなソフトウェアを使っているか、プロジェクトのメンバーと共有すべき情報は何か、などによっても役立つプラグインは変わってきます。
 

やりたいことにフィットした機能がないか、探してみても良いでしょう。

受付の効率化で、働き方改革
クラウド受付システム「RECEPTIONIST」

内線電話を使わずに、ビジネスチャットや専用スマホアプリで直接担当者に通知するため、来客の取次が「0」に。「調整アポ」機能を使えば面倒なアポイント日程調整も自動化できます。リリース約2年で導入社数2,000社突破!無料トライアル実施中です!

無料で資料を見る