Google Keepの使い方!付箋紙を貼付けるように使える!

ITツール活用

生産性の高い企業が導入しているクラウド受付システムで「働き方改革」を

残業や社内でのストレス過多を軽減することで、働きやすい職場にしませんか?RECEPTIONISTを導入した企業では、以下のような効果がでました。

・1日50件の来客取次作業が「0件」になった
・総務業務が87.5%カットされて別業務を強化できた
・社員が気持ちよく働ける環境になった

初期費用無料・31日間の無料トライアルとコスト面でもサポートできるだけでなく、社員浸透も驚くほど簡単です。

RECEPTIONISTの資料を無料で受取る

Google Keepは、ただテキスト情報をメモするだけのアプリではありません。
 

音声メモや、画像、位置情報でのリマインダーなど、「こんな機能あったらいいな」をほとんど全て詰め込んだとっても便利なアプリなのです。
 

仕事にプライベートに使い分けやすいGoogle Keepの便利な機能をご紹介します。
 

Google Keepってなに?

Google Keepとは仕事中にメモしておきたい事、移動中に思いついたアイディア、同僚と共有したい情報などを簡単に記録できるメモアプリ。
 

とってもシンプルで使いやすい機能が満載です。
 

Google Keepを使ったことがない人とでもスムーズに情報の共有をしやすく、パソコンやスマホ、タブレットなど、さまざまな端末で利用可能。
 

「メモ」といっても、もちろん文字を入力するテキストだけではありません。写真やリストを追加したり、音声データを記録し自動で文字変換したりする事もできます。
 

このように便利な機能がついていながら、全て無料で使えるのも大きなポイント。
 

ビジネスで使えるアプリは有料アプリが多く、無料プランでは一部の機能しか使えない場合が多くあります。
 

しかし、Google Keepは、全ての機能が無料で使えるのです。
 

Google Keepの基本機能

背景色が変えられるメモ機能

次の打ち合わせまでに調べておきたい資料や、会社に戻ったら部下に指示しておきたい事柄など、仕事がたて込んでいるとつい忘れてしまいがち。
 

しっかり頭に叩き込んだつもりでもうっかり忘れてしまいそうな事柄は、Google Keepに全てメモしてしまいましょう。
 

Google Keepは、アプリを開いたらそのまますぐにテキストを入力できます。そして、メモ毎に背景色を丸ごと変えられるのです。
 

白い背景につけたタグの色が違うだけだと、急いでいる時などは特にお目当てのメモを見つけにくいもの。
 

さらに、うっかり間違えて違うメモに追加情報を書いてしまうなど、小さなトラブルが発生しがち。
 

しかし、Google Keepはページ全体の背景色を変更できるので、ジャンル毎の仕分けがよりスムーズに行えます。
 

メモと一緒に残せる写真撮影機能

テキストだけでは説明しにくい事や、打ち合わせでクライアントがイメージ画像として描いたイラストなどもあるでしょう。
 

そんなテキストと一緒に記録した写真は、Google Keepにまとめて保存しておきましょう。写真撮影の際は、スマホの写真撮影アプリを立ち上げる必要はありません。
 

Google Keep内にあるカメラアイコンをタップするだけですぐに撮影でき、いつでもさくっと必要な写真をGoogle Keepに保存できます。
 

約束を忘れないリマインダー機能

Google Keepのリマインダー機能は、日時だけではありません。
 

あらかじめ設定しておいた場所に到着したらリマインダー機能で通知が来るように設定することができるのです。
 

例えば、クライアントAとの打ち合わせに向かう途中の駅で、別のクライアントBに納品し、その駅でクライアントAへの差し入れを買っていくとします。
 

この際うっかり途中下車を忘れないよう、一駅前についたら通知が来るように設定できるというわけです。
 

いつでも見返せるアーカイブ機能

Google Keepをチェックした時に、既に使い終わったメモがいつまでもあったら、今すぐに必要なメモがなかなか見つからなくなってしまいます。
 

Google Keepでは、もう使い終わったけど削除はしたくないメモを、アーカイブとして非表示にしてしまうことが可能です。
 

今現在必要なメモだけ表示させておけば、欲しい情報もすぐ探しだせます。
 

そして、使い終わったメモを見返したいときはアーカイブをチェックすれば、いつでも過去のメモを確認できるのです。
 

Gmailユーザーと使える共有機能

Google Keepでメモした情報は、Gmailのアカウントを持っている他のユーザーと簡単に共有できます。
 

共有相手は「共同編集者」になるため、メモの閲覧だけでなく、自由に編集が可能です。
 

メモを共有したい相手のGmailアドレスがすでにスマホに登録済みの場合は、アドレス帳から相手を選ぶだけでOK。
 

共有相手は、自身のGoogle Keepで共有したメモを開けることができます。
 

使いこなせばもっと便利になるGoogle Keepの機能

ペン先を選べる手書き機能

予測変換や漢字一覧にはでてこない特殊な漢字、ロシア語やアラビア語など設定していないとでてこない外国語などが必要になることも。
 

テキスト入力だけではカバーしきれない情報には、手書き機能を使いましょう。
 

Google Keepの手書き機能は、速度によって太さが変わる「ペン」、常に同じ太さの「マーカー」、そして、半透明の「蛍光マーカー」の3種類。
 

それぞれ太さやカラーを選べるので、手書きの地図をメモしたり、言葉では伝わりにくいラフ画の修正ポイントを伝えたりしたい時にも便利です。
 

終わったタスクが移動できるリスト機能

午前中に片付ける必要のある仕事や、今日中に買わなくてはならない物などは、Google Keepのチェックボックスがついたリストでまとめて管理してしまいましょう。
 

Google Keepのチェックリストは、ボックスにチェックを入れると即座に「チェックマーク付きアイテム」として一番下に移動してくれます。
 

これにより、残っているタスクのみをより認識しやすくなるのです。
 

まとめ

「こんな機能あったらいいのに」をほとんど網羅しているGoogle Keep。仕事だけでなくプライベートでも活躍してくれる事間違いなし。
 

例えばプライベートのメモについて背景色を変えておけば、うっかり開いて同僚やクライアントにプライベートを見られる心配がなくなります。
 

これだけの機能を全て無料で使えるのであれば、一度試してみる価値はありますね。

受付の効率化で、働き方改革
クラウド受付システム「RECEPTIONIST」

内線電話を使わずに、ビジネスチャットや専用スマホアプリで直接担当者に通知するため、来客の取次が「0」に。「調整アポ」機能を使えば面倒なアポイント日程調整も自動化できます。リリース約2年で導入社数2,000社突破!無料トライアル実施中です!

無料で資料を見る